箱根温泉公式ガイド 箱ぴた

2011年5月3日(火)

被災者の方の受け入れ報告

4月中箱根の旅館では、今回の地震で被害に合われた南相馬市の方を一時避難として受け入れをしておりました。
南相馬市の多くの方は、遠くへの避難よりもご自身のお住まいの近くにいたい、とのことでなかなかお越しになる方は多くはありませんでした。しかし、被災された方の中にはペースメーカーをご使用され、南相馬市近くの避難所生活は限界に近い方もおられたようで、最終的には24施設で80名の方にお越しいただきました。

受け入れ当初は白い大きなマスクと、うつむき加減の重苦しい雰囲気が印象的で、どのようにお声をかけてよいのか、こちらも戸惑うほどでしたが、毎日の温泉入浴による温泉療養効果で肌がすべすべになり、余震のない生活を過ごすうちに徐々に笑顔と口数も多くなり、普段どおりの暮らしができるようになると、笑顔が日に日に見られるようになりました。
美術館めぐりをなされるまでに元気になられるお姿を見ることができて、嬉しく思いました。しかし、毎日2時間程は新聞やTVで現地の情報収集や、携帯で現地の方々とお話をしている様子をうかがいますと、南相馬市に戻れるまでにはまだ時間がかかりそうです。

早く復興して帰れるように心より願っております。

箱根温泉旅館協同組合 被災者受け入れ支援の受付です

2019年5月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

過去の記事

ページの先頭へ